FCの(<◎>)フォォォォォな日々

ギルティ日記や毎日の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

長いですが入院生活1日目

初日は声が出ないし、食べ物を飲み食い出来ないのは辛いと言う事で、痛み止めがまず出された。若い看護婦の人が来て、「飲むのが辛いなら、座薬もありますよ(*^-^)」
白衣の天使キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
だがしかし、俺も2○歳のいい大人であり漢。
流石にそれは人としてどうかと思ったので、出ない声で「はぃびょーぶでひ(大丈夫ですの意)」っと、言った。
「わかりました(*^-^)」そう言って白衣の天使は、ニコッと笑顔を残して帰って行った。
少しもったいなかったかなとか思ったのはきっと気のせいだろう。

その後、痛み止めをなかなか飲めないで苦戦してると、「大丈夫ですか(〃⌒ー⌒〃)」って野太い声。
まるでハート様みたいな看護婦さん登場( ̄□ ̄;)!!
ハート様と言っても、ハート型のアホ毛がくっついてる方じゃなく、毛がない方である。
「辛いなら遠慮しないで言ってくれていいんですよ。座薬持って来ましたから、さあお尻出してください。」
すでに手が自分のズボンにかけられて逃げらんない状態。
ここで俺が真の漢だったら、「悪いがブタじゃ役不足だ。」などと言えるが現実は違う。
すごすごとズボンを下ろす俺がそこにいた。
心の中ではチェンジと叫ばずにはいられなかった(つд`)
続きを読む
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。